整形外科 - 診療科目・内容

専門科目リハビリテーション科・手の外科

早期リハビリ、早期退院を目標に

一般整形外科の診断治療をはじめ、手・上肢の外科、関節外科も専門としています。特に股関節疾患では、MIS(低侵襲手術)による人工股関節手術を多く行っており、患者さんの体の負担を最小限にとどめ、早期リハビリの開始、退院に取り組んでいます。最新の手術環境とリハビリで患者さんの生活の質が上がるよう全体的なケアを行っています。

Pick Up変形性股関節症(手術、治療、リハビリ)

股関節手術、人工股関節置換術

充実した治療体制

湊が1995年に赴任以来、股関節疾患を多く治療してきました。当初は骨きり術が多くありましたが、人工股関節手術の進歩もあり最近は人工股関節手術がほとんどを占めるようになりました。

当科の股関節治療の目標は

  1. 現在の生活の質を上げること
  2. 生活環境にあった治療を選ぶ手助けをすること
  3. 手術の際は最新の手術環境を整え、十分なリハビリをすること

の3点です。

変形性股関節症(手術、治療、リハビリ)

Pick Up手の外科・上肢外科

手の外科センター

独立した院内診療部門として設置

専門医療機関の少ない「手の外科」領域の診療を充実させるため「手の外科センター」を院内診療部門として設置。手および上肢の外傷や疾病に対する専門的治療を提供するほか、マイクロサージャリーによる再接着、組織欠損再建、知覚や運動麻痺の再建も行います。

手の外科センター

Pick Up骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

骨粗鬆症 病診連携

骨の健康 気になりませんか

骨粗鬆症は骨折患者数の増加や治療が問題になるばかりではなく、日常生活動作機能や生活の質を下げ、さらには寝たきりや生命予後不良につながりかねないことが問題です。

そこで身近なかかりつけ医(診療所)と整形外科専門医の連携を図り、骨粗鬆症の検査や治療を受けやすくする取り組みを始めています。

骨粗鬆症 病診連携

医師紹介

院長湊 泉 みなと いずみ

整形外科一般、股・膝関節外科、
骨粗鬆症

病気を診るだけでなく、その人全体を診るよう心がけています。

湊 泉(院長)
所属学会・資格・認定等
日本股関節学会 評議員/日本整形外科学会 整形外科専門医・リウマチ認定医/日本医師会 認定産業医

佐藤 朗 さとう あきら

整形外科一般、下肢骨折

骨折治療、人工膝関節置換術を専門にしています。

佐藤 朗
所属学会・資格・認定等
日本整形外科学会 整形外科専門医/日本骨折治療学会 評議員/東日本整形災害外科学会 評議員/日本膝関節学会/東北整形災害外科学会/日本運動器再建・イリザロフ法研究会

松崎 浩徳 まつざき ひろのり

上肢の外科・マイクロサージャリー

上肢の外科やマイクロサージャリーを中心に診療を行います。詳細はホームページをご参照ください。

松崎 浩徳
所属学会・専門医資格等
日本整形外科学会 整形外科専門医・脊椎脊髄病医/日本手外科学会 手外科専門医・代議員/日本マイクロサージャリー学会 評議員/アメリカ手外科学会 国際会員/厚生労働省 臨床研修指導医/日本医療経営実践協会 医療経営士2級/医学博士(末梢神経再生に関する研究、新潟大学大学院)

石坂 佳祐 いしざか けいすけ

整形外科一般

丁寧な診療を心がけるようにしています。
よろしくお願い致します。

石坂 佳祐
所属学会・資格・認定等
日本整形外科学会/日本骨折治療学会/東日本整形災害外科学会

ページの先頭へ