整形外科 変形性股関節症 - 診療科目・内容

股関節手術、人工股関節置換術

充実した治療体制

湊が1995年に赴任以来、股関節疾患を多く治療してきました。当初は骨きり術が多くありましたが、人工股関節手術の進歩もあり最近は人工股関節手術がほとんどを占めるようになりました。

当科の股関節治療の目標は

  1. 現在の生活の質を上げること
  2. 生活環境にあった治療を選ぶ手助けをすること
  3. 手術の際は最新の手術環境を整え、十分なリハビリをすること

の3点です。

変形性股関節症(手術、治療、リハビリ)

MIS(低侵襲手術)

体の負担を最小限に

手術の傷が小さい手術と誤解される場合がありますが、本来は、皮膚だけではなく、奥の筋肉、骨なども含めて、体の負担を最小限にとどめることを目標にした手術手技です。負担が軽ければ傷の治りは早くなり、その結果退院も早くできるという利点があります。しかし、いくら負担の少ない手術でも手術がうまくいかないのでは本末転倒です。手術は一般的には、傷が大きいほうがやりやすい(ということは、うまくいく確率が高い)ですが、その中でもできるだけ傷は小さく、筋肉も切らずに手術をするのがMISです。当科では、患者さんの状態によってはMISのひとつである直接前方進入法を採用し、早期のリハビリの開始、退院を目指しています。

手術へのコンピューター技術の導入

より正確な手術を目指して

外科系手術には、近年コンピューター技術の発展により、ナビゲーションなどの導入が進んでいます。当科では、より正確な手術を行うために新潟こばり病院、新潟大学工学部と共同開発している3次元下肢アライメント評価システム(HipCAS:LEXI社)を使い手術前の計画を行い正確な手術を目指しています。手術後は、手術の結果を正確に計測することにより今後の手術の改善に役立てようとしています。

手術へのコンピューター技術の導入

治療計画(クリニカルパス)

3週間のリハビリを予定

脱臼の程度が軽く、骨移植が不要な最も早く退院できる人工関節手術の場合は、帰宅して安全に生活ができるよう手術後3週間のリハビリを行い退院する予定にしています。変形症の程度により入院期間は異なります。

リハビリ用プール

理学療法士による1対1の指導

十分に体重をかけてリハビリできない場合、たとえば両方の股関節が悪い場合など、水の浮力を利用し楽に歩行ができ、しかも水の抵抗により筋力の訓練もできる水治療を行っています。SwimEx流水プールを用い、理学療法士が1対1で対応します。

リハビリ用プール

医療費・医療福祉相談

負担にならない医療、生活復帰を目指して

身体障害者手帳の申請と活用、更生医療等の医療費補助などの相談を、医療福祉相談室(医療ソーシャルワーカー)にて承ります。

医療費・医療福祉相談

ページの先頭へ