整形外科 手の外科センター 手・指のリハビリテーション - 診療科目・内容

ハンドセラピー

ハンドセラピーとは

手はきわめて繊細な知覚を有しており、単純な運動から精密で複雑な運動まで自由自在に行う機能を持っています。その機能を発揮するために、手指には狭い範囲に腱、神経、血管、骨・関節などが密に存在しています。

したがって手の外傷においてはそれらの組織が複合損傷を受ける場合が多く、高度で専門的な手の外科治療が必要であると同時に、損傷の状態・治療方法・手術方法に合わせたきめ細かなリハビリテーション(作業療法:ハンドセラピー)が必要となります。

一見、軽度の外傷に見えても、治療にあたる手の外科医との連携がうまくいかなければ予想以上に重度の障害が残される場合もあり得ます。手の外科医と緊密に連携を取り合って、早期にリハビリテーションを開始することにより、浮腫の軽減や固定による二次的合併症(拘縮・筋萎縮・骨萎縮)の予防が可能となり、出来るだけ短い治療期間で機能を回復、もしくは再獲得させ、職業復帰させることが出来ます。

セラピストの立場としては患者さんとの接触時間が多いので、日ごろの訓練場面においては主治医の治療意図を十分に患者さんに説明し理解させることが手のリハビリテーションの効果をあげるために極めて大切です。

障害や外傷の程度によっては元の機能を獲得できない場合もありますが、可能な限り、生活や仕事に役立つ、いわゆる“使える手”としての機能の再獲得を目指しさまざまなアプローチを行います。

ハンドセラピーの実際

1.評価

筋力:患肢の筋力を徒手的に5段階に評価します。
数的スコア 質的スコア その意味
5 Normal(N) 検査者が被検者の肢位持続力にほとんど抵抗できない
4 Good(G) 段階5の抵抗に対して、被検者が抗しきれない
3 Fair(F) 重力の抵抗だけに対して、運動範囲内を完全に動かせる→客観的基準
2 Poor(P) 重力を取り去れば、運動範囲内を完全に動かせる
1 Trace(T) テスト筋の収縮が目で見て取れるか、または触知できる
0 Zero(活動なし) 視察・触知によっても、筋の収縮が確認できない
関節可動域:角度計を用いて関節の可動範囲を計測します
関節可動域の写真
知覚検査:神経損傷などで低下もしくは失われた知覚の損傷程度や、神経修復または再建後の知覚回復の程度を専用の計測器で定量的に評価します
  1. Semmes Weinstein test: 細いプラスチック製のフィラメントで手指を圧迫して認識できる最小の線維を決定することにより、どこまで小さな刺激を感じることができるかという知覚の閾値を調べる検査です。
  2. 2 PD (2 Point Discrimination) Test:1mm単位で一定の間隔をあけて設置された2本の金属針(先端は鈍)で皮膚を刺激した場合、どこまで細かい間隔までを2点として認識できるかを調べる検査で知覚の密度計測といえます。
知覚検査の写真
(Semmes Weinstein testによる知覚評価の実際と検査結果。青、紫、赤の順に知覚が鈍くなっています。)

2.各種作業療法

巧緻動作
巧緻動作の写真
ボルトボードを用いて手指の細かな動きの訓練をしています。
装具・スプリント療法
装具・スプリント療法の写真
指の拘縮(関節が曲がったり、閉じたりしたままの状態)を解除するための装具です。
ゴムやバネの牽引力によって徐々に関節の拘縮を解除します。

ページの先頭へ