整形外科 手の外科センター - 診療科目・内容

手の外科とは

手は「第二の目」といわれるように繊細な知覚を有し、複雑な運動が可能であることから、人類は手を使うことによって道具を作り文明を発展させてきました。この繊細な知覚と複雑な運動に対応するため、手の感覚や運動に関連する領域は人間の大脳のかなりの部分を占めています。

また、手のはたらきについて考えると、繊細な知覚と複雑な運動によるつまみや、にぎり、食事、整容動作、書字などの総合機能の他、握手や合図などの意思表示も行う身体の「社会的部分」ということができます。

普段は意識せずに用いている手も、ひとたび怪我や病気でそのはたらきが制限されると、日常生活や仕事に大きな支障となり、時には人生設計の変更を要することもあります。

このような複雑な手の怪我や病気を取り扱う臨床部門は「手の外科」と呼称され、専門の訓練を受けた手の疾患に対する十分な知識と技術を持った専門の医師が診療に当たっています。

サルの手とヒトの手の比較
ヒトの手は親指が発達し、それによるつまみ動作が可能
大脳における手の領域(Penfield & Rasmussenより)

手 その機能と解剖 改訂2版(金芳堂)から

あつかう疾患

対象部位

  • 肩から下の部分、腕、肘、手首、指などの上肢全体の怪我や病気を専門にあつかいます。また、頚部の脊髄から出た神経が腕に向かう途中の腕神経叢という神経が複雑に入り組んだ部分の損傷もあつかいます。

対象疾患

  • 手や肘の骨折、脱臼、靭帯損傷、捻挫などの外傷
  • 手の神経、血管、筋肉の外傷
  • 肘関節の変形による痛みや動きの制限
  • 手首の痛み
  • 肘から指の痛み、しびれ、麻痺(動きが悪い)
  • 手指の腱(すじ)の障害による手指の動きの制限

代表的な疾患名

  • 腕神経損傷、肘部管症候群、手根管症候群、デュプイトラン拘縮、キーンベック病、ドケルバン病、テニス肘、神経損傷、神経麻痺、腱損傷、腱鞘炎、指切断、舟状骨骨折、橈骨遠位端骨折、合指症、多指症、ガングリオン、関節拘縮、母指CM関節症、など

手の外科の特殊性

手には細かな神経、血管、腱などが集中しているため、一度の外傷でそれらの複数組織が同時に損傷されてしまうという特殊性があります。したがって、骨、腱、神経、血管、皮膚などの全ての組織の取り扱いに長けておらなければならず、後述するマイクロサージャリーによる再接着や組織移植などの高度な機能再建も時に必要となります。さらには、露出部位である手の治療に当たっては「使える手」を重視しつつ整容への配慮も大切になります。このため、整形外科、形成外科、末梢神経外科、マイクロサージャリーの要素を取り入れた高度に専門化された診療が必要となります。

医師紹介

松崎 浩徳
まつざき ひろのり

上肢の外科・マイクロサージャリー

松崎 浩徳
所属学会・専門医資格等
日本整形外科学会 整形外科専門医・脊椎脊髄病医/日本手外科学会 手外科専門医・代議員/日本マイクロサージャリー学会 評議員/アメリカ手外科学会 国際会員/AO Trauma Lapan上級会員/厚生労働省 臨床研修指導医/日本医師会認定産業医/日本医療経営実践協会 医療経営士2級/医学博士(末梢神経再生に関する研究、新潟大学大学院)

略歴

平成2年山形大学医学部卒。

新潟大学整形外科および関連病院で整形外科全般と手の外科およびマイクロサージャリーの診療や研究に従事。平成16年からワシントン大学(セントルイス)で客員研究員として勤務した後、平成17年からは燕労災病院で多くの職業性上肢外傷の治療を行い、独立行政法人労働者健康福祉機構が推進する「労災疾病等13分野研究」に主任研究者として従事。

専門領域

  • 上肢の外科
  • マイクロサージャリー
  • 末梢神経外科

代表的業績(論文)

  1. Combined Dorsal Forearm and Lateral Arm Flap
    Plast. Reconstr. Surg. 96: 1423-1429, 1995
  2. Comparison of Free and reverse pedicled posterior interosseous cutaneous flap
    Plast. Reconstr. Surg. 99: 791-802, 1997
  3. Proximal Nerve Elongation vs. Nerve Grafting in Repairing Segmental Nerve Defects in Rabbits
    Microsurgery 24: 213-217, 2004
  4. Distal Nerve elongation vs. nerve grafting in repairing segmental nerve defects in rabbits
    Microsurgery 24: 207-212, 2004
  5. Long-term Clinical and Neurological Recovery in the Hand after Surgery for Severe Cubital Tunnel Syndrome: A Patient Series
    J Hand Surg, 29A: 373-378, 2004
  6. Functional and cosmetic results of fingertip replantation: Anastomosing only the Digital Artery: A Case Series
    Annals Plast Surg, 53: 353-359, 2004
  7. Early healing of flexor tendon insertion site injuries: Tunnel repair is mechanically and histologically inferior to surface repair in a canine model.
    J Orthop Res 24(5):990-1000 2006
  8. Damaging fatigue loading stimulates increases in periosteal vascularity at sites of bone formation in the rat ulna.
    Calcif Tissue Int. 2007 Jun;80(6):391-9. Epub 2007 Jun 6
  9. Alendronate prevents bone loss and improves tendon-to-bone repair strength in a canine model.
    J Orthop Res. 2007 Apr;25(4):473-9.
  10. Effect of suture material and bone quality on the mechanical properties of zone I flexor tendon-bone reattachment with bone anchors.
    J Hand Surg. 33-A: 709-717, 2008
  11. Predicting Functional Recovery and Return to Work after Mutilating Hand Injuries: Usefulness of Hand Injury Severity Score
    Journal of Hand Surgery 34A: 880-885, 2009
  12. A Blauth IIIB Hypoplastic Thumb Reconstructed with a Vascularized Metatarso-Phalangeal Joint Transfer: A Case Report with 28 years of Followup
    Hand Surgery 14: 63-68, 2009
  13. Preventing Postoperative Congestion in Reverse Pedicle Digital Island Flaps when Reconstructing Composite Tissue Defects in the Fingertip: A Patient Series
    Hand Surgery 17: 77-82, 2012
  14. Secondary surgeries after digital replantations: A case Series
    Hand Surgery 17 (3): 351-357, 2012

ページの先頭へ