脳神経外科 - 診療科目・内容

院内外の多職種の方とも連携

脳の病気一般に対する診断・治療をおこなっています。認知症に対しては、神経学的診療を基本として、神経心理学的検査、画像検査、補助的血液・マーカー検査等を実施し、院内外の多職種の方とも連携し、本人視点を忘れずに、医療以外のことについても、できるだけ支援したいと考えています。各種脳疾患のセカンドオピニオンや専門医紹介依頼にも応じます。

Pick Up認知症外来

2017年4月より「脳神経外科」を開設し、併せて「認知症」の外来診療を開始しました。
認知症外来診療では、医師診察とMRIやCTによる画像診断はもとより、医療ソーシャルワーカーによる生活状況や症状(お困りのこと)の聞き取り、言語聴覚士による神経心理検査などを行い、それら結果を基に医療チームとして治療の方針を決めてまいります。
これら検査や面談の必要から診療は予約制とし、ご家族または患者さんの生活状況をよく知る方のご同伴をお願いします。また、診療開始にあたっては、診療上必要と考えられる医療・介護・行政機関等からの情報の収集および提供について同意をいただきますので、予めご了承ください。また、入院診療は行いません。

医師紹介

鷲山 和雄 わしやま かずお

脳神経外科

脳外科疾患以外にも認知症や高次脳機能障害に対して、介護や福祉との連携を通じて本人視点を忘れずに関わりたいと考えています。

鷲山 和雄
所属学会・資格・認定等
日本脳神経外科学会専門医/認知症サポート医/日本体育協会スポーツドクター/産業医/日本神経病理事会評議員/日本脳腫瘍病理学会評議員/日本認知症学会/日本癌学会/日本脳腫瘍学会/日本間脳下垂体腫瘍学会/日本小児神経外科学会/日本内分泌学会/新潟大学脳研究所(前)准教授・(現)非常勤研究員

ページの先頭へ