教育体系 - 新潟臨港保健会 看護部

教育理念

看護を通して成長し、豊かな人間性を育むことを看護部の教育理念に挙げ、常に患者さんに寄り添い、専門職業人として質の高い看護を提供できる看護師をめざし、教育プログラムを整備しています。共に学び、成長できる職場をめざしています。

そして、教育プログラムにのっとり各個人が目標を達成しながらステップアップしていきます。

クリニカルラダー方式
レベルI~レベルIV、管理者
看護部全職員が研修プログラムに参加します。

看護部では一人ひとりの成長をサポートする体制を作っています。

クリニカルラダー

看護の教育プログラム

各レベルが目標を持ち、目標を達成できるよう、研修会を計画・実践します。
一人ひとりの成長をサポートします。

新人教育から、看護理念と原則、チームリーダーの役割と責任、管理者までステップを踏んだ教育制度を採用。

LEVEL I(ステップ1)看護の基本を学ぶ(新人)

目標

  • 新潟臨港保健会の職員であることを楽しむ。
  • 基本的看護技術が安全で確実に実践できる。
  • 指導を受けながら看護計画に沿った看護実践ができる。
  • 指導を受けながら受け持ち看護師としての役割が実践できる
  • 看護に必要な知識を自主的に深めることができる。

お節介ナース

何でも相談できる優しいお姉さん的存在です。看護技術・知識の指導だけでなく、社会人として、そして人生の少し先輩として新人さんに対し親身になって相談に乗ります。

研修内容

厚生労働省の新人看護職員研修ガイドラインに沿った教育計画を立てています。また、新人チェックリストを配布し、習熟度の確認を行っていきます。

教育計画
  1. 看護職員としての基本姿勢
  2. 基礎的な看護技術
  3. 管理的側面
  4. 配属部署における特殊性

LEVEL I(ステップ2)個別の看護過程を学ぶ(ファミリーナース)

目標

  • 看護過程の理念や原則を学び個別の看護過程が展開できる
  • 受け持ち患者を通して、チームメンバーの役割と責任を果たす

研修内容

看護展開/看護診断

LEVEL IIチームリーダーとしての責任を学ぶ(お節介ナース・ファミリーナース)

目標

  • 個別の看護過程が展開できる
  • 救急蘇生が実践できる
  • 後輩に指導する
  • チームリーダーの役割と責任を果たす

研修内容

  • 救急蘇生実施
  • チームリーダーとしてのリーダーシップ研修

LEVEL IIIチームリーダーとして活躍(ファミリーナース)

目標

  • 自己の役割と責任を果たす
  • 効果的なチーム運営ができるように上司に協力する
  • 自己の看護観を磨く

研修内容

管理的役割/自己啓発

LEVEL IV副師長・認定看護師

目標

  • 論理的かつ実践的知識を統合した卓越した看護が実践できる
  • 責任代行ができる

研修内容

  • 専門領域等の教育研修
  • 管理領域の研修

管理者責任者として活躍(思いやりナース)

目標

  • 看護単位の責任者としての管理運営能力を高める
  • 目標管理制度の確立

研修内容

  • 管理・経営/目標管理実践
  • ファーストレベル
  • セカンドレベル

新人看護師支援体制「プロジェクト お節介」

新人看護師支援体制を「プロジェクトお節介」と名付けました。

新人看護師はその配属部署で成長を支えることを基本とします。
各部署にはお節介ナース・ファミリーナース・思いやりナースがいます。
配属部署のメンバーすべてがいずれかの役割を担います。

  • お節介ナース:優しいお姉さん
    経験のある先輩看護師が、新人看護師さんの一番近くで多方面から関わり、看護師として人として一緒に成長するお節介役です。
  • ファミリーナース:暖かい家族
    病棟は一つの家族であり、新人看護師さんにとって安心して学び・成長できる場所であり、その成長を現場で支援する先輩ナースです。
  • 思いやりナース:優しいお母さん
    新人看護師さんの相談相手となり、仕事の仕方、学習方法、悩み事などの精神面、生活など広範囲にわたり相談や支援を行うナースです。
    配属部署の先輩スタッフたちは、新人看護師さんに対してそれぞれの役割を理解し支援にあたっています。

新人看護師支援体制

下の図は、当院の新人看護師支援体制を表しています。職員全員で新人看護師さんを支援します。

役割ごとの指導領域の負担割合

先輩看護師の役割ごとの指導領域の負担割合です。
ファミリーナースは得意な分野の看護について、知識・技術を積極的に新人看護師さんに指導をしていきます。

ページの先頭へ