お知らせ

2019年7月23日(火)
  • 一般

区民公開講座「私らしく生きるために―知っておきたい健康と医療3つのステージ」(10月5日)

予防・治療・緩和ケア…3つのステージについて専門職がお話しします

当院が新潟市より業務を受託している「新潟市在宅医療・介護連携ステーション東」では、医療や健康に関する啓発事業の一環として、下記の予定で区民公開講座を開催します。

参加は無料ですが定員制のため、事前の申込(9月13日より市役所コールセンターで受付)が必要です。

お申込みご参加をお待ちしております。

開催概要

日時 2019年10月5日(土)10:15~(約90分)
会場 中地区公民館 5階ホール(新潟市東区古川町)
内容 講演(各20~30分程度)
1.東区の健康課題 健診受診の重要性
東区健康福祉課健康増進係 保健師 志賀久美子さん
2.脳卒中の治療とリハビリテーション
桑名病院 看護師 井村恵さん
3.最期の瞬間まで私らしく生きるために
新潟臨港病院 看護師 加藤智美
申込 9月13日(金)より電話にて受付
新潟市役所コールセンター TEL (025)243-4894
・受付時間は午前8時~午後9時(無休)
定員(100名)に達した場合は事前に締切
・新潟市に在住または在勤の方に限ります
開催者 主催/新潟市在宅医療・介護連携ステーション東
共催/新潟市(東区健康福祉課)
後援 社会医療法人桑名恵風会 桑名病院
社会医療法人新潟臨港保健会 新潟臨港病院
  • 会場へのアクセスなど詳細は本記事下部の添付ファイル(PDF)をご覧ください。

 

在宅医療・介護連携推進事業

医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、在宅医療と介護の一体的な提供が求められています。このため、介護保険事業として在宅医療・介護連携推進が位置付けられ、市町村が主体となって取り組むこととされました。

新潟市では、その核として新潟市医師会内に「在宅医療・介護連携センター」、全8区11か所の医療機関に「在宅医療・介護連携ステーション」を配置し、地域の在宅医療と介護の多職種連携のサポート、在宅ケアに関する市民啓発などの事業を行っています。

平成28年3月、市内最初の在宅医療・介護連携ステーションとして「新潟市在宅医療・介護連携ステーション東」が当院内に開設されました。

 

(2019-7-23)

担当/新潟市在宅医療・介護連携ステーション東(TEL 025-364-7321)

添付ファイル
区民公開講座(2019-10-5)チラシはこちら(pdfファイル:978KB)

ページの先頭へ