お知らせ

2017年12月8日(金)
  • 一般
  • 医療関係者
重要

インフルエンザ・感染性胃腸炎流行にともなう面会制限について

新潟市でもインフルエンザの流行の目安となる定点あたり報告数が基準(1.00)を超え、流行期に入りました。また、感染性胃腸炎の報告も増加傾向です。
当院では感染性疾患のまん延を防止し、入院患者さまの安全を確保するため、12月8日(金)よりしばらくの間、入院患者さまへの面会を制限させていただきます。
病状その他の理由によりご面会が必要な場合は、看護師にご相談ください。

不要不急の面会はご遠慮ください

以下に該当する方は面会をご遠慮ください

  • 発熱・せき・のどの痛み・関節痛などインフルエンザ様の症状がある方
  • インフルエンザにかかっている方と同居している方
  • 高校生以下の方(子どもは学校等の集団生活のうえで感染症にかかる機会が多いためです)
  • 下痢・吐き気・嘔吐症状がある方

 

ご面会が必要な場合は…

面会前に看護師にお申し出ください

必ずマスクを着用し、病室前に設置してあるアルコールで手指消毒を行なってから入室してください

  • マスクは予めお持ちになるか、1階エレベータ前にある自動販売機または売店でお求めください。

ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

(2017-12-8)

新潟臨港病院 病院長

(担当/院内感染対策委員会)

ページの先頭へ