入院・面会のご案内

個人情報保護対応について

  • 外部からの電話の取次ぎや入院の有無についての問合せ対応はいたしません。
  • 入院していることを知られたくない場合や、面会を拒否される場合は看護師にお申し出ください。
  • 診断書などの書類は原則としてご本人でなければお渡しできません。ご本人が受け取れない場合は委任状が必要となりますのでお申し出ください。
  • 安全を提供するため点滴ボトル、輸血バッグ、栄養ボトル、薬カート、ネームバンド、病室や各ベッド、ロッカーなどにお名前を表示させていただきます。
  • 治療や看護の継続が必要な場合、スムーズに連携できるよう、関連施設に情報を提供することがあります。あらかじめご了承ください。

入院・面会のご案内 - 目次

入院の手続き

入院当日は1階総合カウンター「入退院受付窓口」におこしください。

当日入退院受付窓口で
提出するもの
健康保険証、医療受給者証(高齢受給者証、限度額・減額認定証、各種公費医療受給者証/お持ちの方のみ)、介護保険証(お持ちの方のみ)、紹介状、入院誓約書、退院証明書(過去3か月以内に他の病院に入院していた方のみ。退院証明証がない場合は病院名をお聞かせください)、 口腔ケア用品購入同意書(同意いただける方のみ)
病棟で提出するもの 手術や検査の同意書、「入院予定の方へ」用紙(記入の上)
  • ※ 各種医療証はコピー後返却いたします。
入退院受付窓口
入退院受付窓口

入院時の持ち物

各種書類 印鑑、診察券、入院のご案内(予約入院の方のみ)
薬類 現在服用中の薬(内服薬、吸入薬、目薬、坐薬なども)、お薬手帳
日用生活品 洗面用具(歯ブラシ、コップ)、石鹸、シャンプー、湯飲み茶わん、タオル、バスタオル、ティッシュペーパー、おむつ・尿とりパッド(必要な方のみ)、髭剃り(一人でできない方は電動カミソリ)、下着(寝たきりの方は前あきのシャツ)、スリッパ、ハンガー、洗濯物を入れるふた付きバケツ(院内ランドリー利用の方やご自身で洗濯物の管理ができない方)、 義歯のある方は保管ケース
  • ※ 箸、スプーンは食事のお膳に付いています。
  • ※ 病状の経過や治療により上記以外でも必要なものが増えることがあります。
  • ※ 果物ナイフ、ハサミ、缶切り等の持ち込みはご遠慮ください。必要な時は各病棟にありますのでお申し出ください。
  • ※ 持ち物には名前の記入をお願いいたします。
  • ※ 日用品は、入院準備の利便性を考慮し、売店との契約もできます。詳しくは「衣類・タオル類・日用品類・オムツ類のレンタルサービスについて」をご覧ください。

ご入院される患者さま・ご家族さまへのご案内

  • 入院中は、他の医療機関に受診したり、薬(目薬・ぬり薬も対象)を処方してもらうことは、基本的にできません。無断で受診された場合は、受診された医療機関の医療費を自費で支払っていただく可能性がございますので、ご注意ください。必要がある場合は、必ず担当看護師に相談してください。
  • ※ 他医療機関処方の目薬等を使用中の患者さまで入院中にお手持ちの目薬等を使い切る恐れがある場合は、入院前に他医療機関で処方していただいてください。
  1. お薬は他の医療機関で処方してもらわなくても、当院で処方できる場合がございます。
  2. 入院中の患者さまで他の医療機関への受診の許可が出た場合、当院会計から受診先の医療機関の会計へ文書をお渡しします。その文書により(これまで通り受診医療機関でお支払いをしていただく、又はお支払いが無い)支払い方法の決定を致します。

医療制度の変更により入院中の患者さまの受診先医療機関での支払いが複雑となっており、お手数をお掛けいたしますがご協力をお願いいたします。

例)他医療機関受診の場合

  • 当院(臨港病院) 看護師・病棟事務員に相談。調整(許可)後、当院(臨港病院)より受診先医療機関へ提出する文書をお渡しします。
  • 受診する医療機関 当院(臨港病院)発行の文書を受診する医療機関へ提出。
  • 当院(臨港病院) 受診医療機関発行の明細書・文書等頂いた場合はナースステーションに提出をお願い致します。

入院生活について

入院生活の流れ

起床 朝食 昼食 夕食 消灯
6時 8時頃 12時頃 18時頃 21時
  • ※ 上記の時間の間に治療や検査・リハビリなどが入ります

入院生活のルール

  • 事故防止・誤作動・故障を避けるため、病院内の機械や装置には絶対触れないようにお願いいたします。(人工呼吸器・自動血圧計・輸液ポンプ・心電図など)医療器具や備品等破損された場合は、実費をいただくことがあります。
  • 当院の建物は窓を開けずに換気をする構造になっています。室温の保持、害虫の侵入防止のために、窓はできるだけ開けないようにしてください。
  • 防災上、洗濯物は病室に干さないでください。
  • 万が一、火災や地震などが起こった場合、新潟市指定の一時避難場所は「桃山小学校」となっております。しかし、火災状況により変更となることもありますので、落ち着いて職員の指示に従って避難してください。
    ※ 非常口は病院案内図に明記しています。必ずご確認ください。また、当院は津波避難ビルになっているため、津波発生時は当院の3階以上に避難します。
  • 患者さまやご家族の方の非常識な行為、暴力、暴言、セクハラなどがあった場合、強制処分を取らざるを得ないこともあります。
    入院中の忘れ物については退院後連絡いたしますが、一週間過ぎても取りに来られない場合は処分させていただきますので、ご了承ください。
  • 職員への金品によるお心遣いはご辞退申し上げます。

面会・付き添いについて

  • 面会時間は午後1時~午後8時です。
    時間外の面会はお断りしております。事情がある場合は看護師にご相談ください。
  • 患者さまの病状や医師の指示により、面会を制限させて頂くことがあります。
  • 面会の方の病室での飲食はご遠慮ください。
  • 酒気を帯びた方の面会はお断りいたします。
  • 体調の悪い方、小さいお子さま連れや大勢での面会はご遠慮ください。
  • 付き添いはお断りしていますが、患者さまの状態によってはご相談に応じます。
  • 面会、付き添いの際の駐車料金については、30分まで無料となります。
    詳細は病棟看護師におたずねください。

洗濯について

  • 各病棟に乾燥機・洗濯機が設置されています(有料)。また、有料で業者に洗濯を依頼することができます。詳細は病棟看護師におたずねください。

現金・貴重品について

  • 貴重品・多額の金銭は置かないようにしましょう。
    • 備付の簡易金庫は鍵をかけて使いましょう。
    • 貴重品は常に身に付けておきましょう。
    • キャッシュカードの持ち込みは最低限にしましょう。
    • 運転免許証は持ってこないようにしましょう。

携帯電話について

  • 病院内での携帯電話は医療機器の誤作動の原因となりますので、下記の場所で使用してください。
    • 1階公衆電話ボックス内、前
    • 4、5、6階病棟の公衆電話ボックス内、3階病棟テラス
    • 7階展望ラウンジ
    • 個室の病室(医療機器がない場合に限る。看護師に確認してください。)
  • ※ 職員が使用しているPHSは医療機器に影響を与えませんのでご安心ください。

禁煙について

  • 病院内・屋外すべて禁煙となっています。

電化製品について

  • 電気あんか、電気毛布、電気カミソリ、ポータブルDVD、ラジオ、パソコン以外の電化製品の持ち込みはできません。
    インターネットやテレビチューナー付きのパソコンでテレビをみることはできません。
    詳細は、病棟看護師におたずねください。

病室について

  • 個室をご希望の方は入院予約時、または入院時及び入院中にお申し出ください。

個室料金・設備一覧

1日当たりの金額(税別)
※2018年4月以降
設置備品
9,000円 トイレ・ユニットバス・ミニキッチン・TV・電話
5,000円 トイレ・シャワー・電話
4,000円 トイレ付またはトイレなし (トイレなしは病室がやや広い)
3,000円(2人部屋) 多床室と同じ備品 
※患者様からのご希望は、お受けできません。
  • ※ 患者さまの病状や病棟の都合により、病室または病棟の移動をお願いすることもあります。
  • ※ 病室の種類はご希望に添えない場合もあります。
  • ※ 1日当たりの料金になりますので、1泊2日の場合は2日分の個室料金となります。

ネームバンドについて

  • 当院では安全に入院治療ができるよう、腕にネームバンドを装着し患者さまご自身であることを確認させていただいております。

医療相談・看護相談・介護相談

  • 当院には居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、医療福祉相談室があり、入院中はもとより在宅に戻ってからでも安心して地域で生活ができるように支援しています。経済面、制度面、介護保険、訪問看護・訪問リハビリなどの相談をお受けいたします。
  • 相談支援窓口(医療福祉相談室)のご案内
    病気やけがをきっかけに、通院や入院をしたりすると、健康なときには思いもかけなかったような心配ごとが起こることがあります。
    当院では、傷病に関するご質問、生活上および入院上の不安などについて、患者さま・ご家族等からの相談に応じる窓口を設け、担当者(医療ソーシャルワーカー[社会福祉士])を配置しております。
    担当者は、医師・看護師・医療安全管理者をはじめ院内の各部署・スタッフ、また必要に応じて院外の関係機関との連携や調整を図り、解決のための支援を行っております。
    相談ご希望の方は、直接相談窓口(医療福祉相談室/1階 地域連携センター内)へお越しになるか、最寄りの職員(看護師等)にお申し出ください。

■次のようなご相談をお受けします

  • 療養中の医療費や生活費などの経済的な心配
  • 入院や退院に伴う心配なことや気がかりな問題
  • 保健・医療・福祉 各種制度の紹介、申請の相談
  • 傷病や診療に関するご不安やご心配 など

入院費について

  1. 入院費は退院時または月末締めで翌月10日頃の請求になります。
    ・入院中の定期会計はお届けしてから10日以内に1階自動精算機または5番会計窓口にてお支払いください。
    ※お支払いが10日以内にできない等のご相談は1階総合受付または病棟内の事務にお申し出ください。
    ・平日8:30~17:00の間にお支払い願います。
  2. お支払いにはクレジットカードやキャッシュカード(J-デビット)が利用できます。
    詳しくは、医療費のお支払いについてのページをご覧ください。
  3. 入院費には保険外で請求されるものがあります。保険外費用となるものの詳細については各病棟の掲示板をご確認ください。
  4. 入院料金にご不明な点がある場合は、お支払いの前に病棟事務または総合受付にお尋ねください。

退院について

  1. 退院時間は原則として午前10時となります。
  2. 退院に際し、看護師は薬や外来予約などの準備と退院指導を行います。
  3. 退院日に医事課職員が診療費案内書をお持ちします。
    会計は退院当日に1階自動精算機または会計窓口でお支払いください。
    病院休診日の場合は、後日診療費案内書をご郵送いたしますので、窓口または振込でお支払いください。(振込でお支払いの場合、領収書は出ませんので、振込用紙控えを保管してください。)

医療安全について

安全で快適な入院生活を過ごしていただくために、患者さまおよびご家族の方に下記のことにご協力願います。

名前はフルネームでお答えください

同姓の患者さま・同名の患者さまがいらっしゃいます。注射や処置の時などに、お名前をお伺いすることがございますが、その時はフルネームでお答えくださいますようご協力お願いします。場合によっては生年月日をお聞きします。

生活環境の変化により危険も発生します

当院では患者さまの回復を図るため、積極的な治療、リハビリテーション、看護などを行っております。しかし、入院により、今までの生活環境や習慣が大きく変わることから、患者さまにおいては認知症状が出たり悪化したりする場合があります。また、転倒転落により骨折や脳障害などを引き起こす場合があります。それらの危険発生の回避に最大限の努力を払っておりますが、完全には危険性を排除し得ないことをご理解賜りたく存じます。

転倒転落予防のためにできること

  • 普段から履きなれた足に合ったもので靴タイプが安全です。
    歩行が不安定な方は、スリッパやサンダルは止めましょう。
    スリッパやサンダルは脱げやすく、思わぬ所でつまずきやすくなります。
  • 手すりや杖、シルバーカーを利用しましょう。
    廊下や階段は手すりを持って移動しましょう。大丈夫と思っていても体力は落ちています。また、使い慣れている杖やシルバ-カーをご持参ください。
  • 補聴器やメガネを使用している方はご持参ください。
  • 床は濡れていないか、段差はないか確認して歩きましょう。
    床が濡れていると滑りやすく危険です。配膳車の周囲やトイレ、洗面所など水回りでは特に注意しましょう。
  • ベッドからの起き上がり、夜のトイレは足元に注意しましょう。
    ベッドから起き上がるとき、特に夜間にトイレに行くときは足元に十分注意しましょう。枕もとの明かりをつけてから移動しましょう。
  • 不安な時は遠慮なく看護師、主治医に相談しましょう。

現金・貴重品について

  • 貴重品・多額の金銭は置かないようにしましょう。
    • 備付の簡易金庫は鍵をかけて使いましょう。
    • 貴重品は常に身に付けておきましょう。
    • キャッシュカードの持ち込みは最低限にしましょう。
    • 運転免許証は持ってこないようにしましょう。

限度額適用認定証のご案内

入院が決まって、高額な医療費が予想される場合、所定の窓口で申請され、証書をご提示いただくと患者さまのお支払いが軽減されることがございます。

窓口での医療費・食事代が安くなる場合がございます!(2017年12月現在)

  • 69歳以下の方、70歳以上の低所得者Ⅰ・Ⅱ(下記参照)の方は、申請により限度額適用認定証交付を受け、医療機関に提示いただくことにより、入院の場合支払う医療費の自己負担が限度額認定証の上限金額までとなります。
  • 限度額適用認定証は適用有効期限があり、申請月からの適用となります。有効期限が終了し、更新の掲示がない場合、更新しない場合は負担が大きくなることがあります。
  • 限度額適用認定証を当月分に適用させる場合、翌月の7日までに総合受付、病棟事務員へご掲示ください。入院中の患者さまで8日以降に掲示された患者さまは当月分に適用できません。この場合3割請求となりお支払い後、還付の手続きとなります。

70歳未満の自己負担限度額(月額)

所得区分 自己負担限度額 多数該当
①区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
252,600円+(総医療費−842,000円)×1% 140,100円
②区分イ
(標準報酬月額53万~79万円の方)
167,400円+(総医療費−558,000円)×1% 93,000円
③区分ウ
(標準報酬月額28万~50万円の方)
80,100円+(総医療費−267,000円)×1% 44,400円
④区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
57,600円 44,400円
⑤区分オ(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円 24,600円

70歳未満の自己負担限度額(月額)

対象者 自己負担限度額
現役並み所得者 80,100円+(医療費−267,000円)×1%《44,400円》
一般 44,400円
低所得者(Ⅱ) 24,600円
低所得者(Ⅰ) 15,000円

手続きの流れ

  • ※ 医療機関ごと、入院・外来は別となります。(限度額は月額です。月がまたがる場合はそれぞれの月に限度額が発生します。)
  • ※ 《 》内の金額は直近1年間における4回目以降の自己負担額です。(他医療機関の分も適用となりますので過去1年間の領収書をご掲示ください)

問い合わせ先

対象者 申請先(問い合わせ先)
国民健康保険加入者 加入されている市区町村の保険給付窓口へ
健康組合保険加入者・共済組合健康保険加入者 事業所等の保険担当窓口へ
協会けんぽ(政府管掌健康保険加入者) 健康保険証に記載されている協会けんぽ(社会保険事務所)等へ
  • ※ 協会けんぽにご加入の場合、限度額適用認定証の申請書が当院にございますのでお声がけください。

入院証明書・診断書について

入院証明書や診断書が必要な場合は、所定の申込書を記載し退院日に1F総合受付にお持ちの書類を提出してください。

  • ※ 退院日が土・日・祝日にあたる場合はその前日に提出してください。

当院の口腔ケアに関する取組みについて

近年、口腔ケアを重要視する動きが社会的にも広まり、病院のみならず福祉施設でも口腔ケアに対する取組みが全国的に広がっています。
当院も患者さまの入院中の全身管理の一環として口腔ケアを行っております。
医療スタッフが必要と判断した場合には医師指示の下、歯科衛生士が病室に伺い口腔内の観察、記録、口腔内の清掃を看護師と共に行っています。

期待される口腔ケアの効果

  • 誤嚥性肺炎の予防、改善
  • 栄養管理において、円滑な経口摂取で健康状態を改善し原疾患の早期回復が見込める(点滴に頼らない)
  • 歯周病が全身に及ぼす悪影響=脳梗塞・心筋梗塞・狭心症の発生を予防
  • 味覚障害の改善
  • 口の渇きの改善
  • 口臭の軽減
  • 手術後の合併症の予防
  • 抗癌剤治療、放射線療法による粘膜炎の軽減

CSセットのご希望がない場合は、歯ブラシを必ずお持ちになってください。
また、当院では必要に応じて口腔ケア用品の個人購入を患者さまにお願いしております。

口腔ケア用品として必要なもの

  • 歯ブラシ
  • 歯間ブラシ
  • 保湿剤
  • スポンジブラシ
  • 口腔内ウェットシート 等

患者さまの口腔、全身状態などにより必要な用品も変わってきます。
入院中、歯科衛生士や看護師が回診し予防・改善の為必要な用品を選択し購入をお願いしております。(35円~3,000円程度)※メーカー納入により若干変動する場合があります。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。

  • 購入していただいた場合は、入院費と一緒に請求させて頂きます。

ご要望があれば、退院後のケア方法や使用方法について、説明、指導も致します。
いつでも歯科口腔外科にご相談ください。

衣類・タオル類・日用品類・オムツ類のレンタルサービスについて

当院では2016年6月より、入院時および入院中の患者さんとご家族の利便性向上を図り、また、院内感染の予防・衛生管理を徹底することを目的に「ケアサポート(CS)セット」を導入し、ご利用いただくこととしました。
CSセットは、これまで入院時に準備いただいていた衣類やタオル類、日用品類、紙オムツ類などを外部専門業者からレンタル(有料/日額定額制)するサービスとなります。

CSセットに含まれるもの

  • 病衣
  • タオル(バスタオル、フェイスタオル)
  • 日用消耗品(コップ、ティッシュペーパー、食事用エプロン、歯ブラシ、歯磨き粉)
  • ※ 患者さんの必要に応じて、紙おむつプランを別途申込いただきます

なお、CSセット(および紙おむつプラン)ご利用に関しては業者との直接契約となりますので、利用料は当院請求分の入院費に含まれません。
利用月の翌月に業者から請求書が郵送されます(コンビニエンスストア・郵便局・銀行でのお支払いとなります)。

面会について

  • 個人情報保護の観点から、事前にご本人ご家族に病室を確認されたうえで、病院に来られることをお勧めいたします。
  • 面会時間は午後1時~午後8時です。
  • 時間外の面会はお断りしております。事情がある場合は看護師にご相談ください。
  • 患者さまの病状や医師の指示により、面会を制限させて頂くことがあります。
  • 面会の方の病室での飲食はご遠慮ください。
  • 酒気を帯びた方の面会はお断りいたします。
  • 体調の悪い方、小さいお子さま連れや大勢での面会はご遠慮ください。
  • その他感染対策などのため面会を制限する場合がございます。ホームページ内「お知らせ」や院内の掲示にてお知らせしますので、ご理解ご協力をお願いいたします。
  • 面会の際の駐車料金は、30分まで無料(一般料金)となります。

ページの先頭へ