病院のお仕事

病院のお仕事インタビュー #14 歯科医師

「歯科医師」とはどんなお仕事?

口腔内(口の中)の治療を通して全身の健康の改善に努める仕事です。
虫歯や歯周病の治療を中心に、入れ歯・詰め物・冠・差し歯などの製作と装着、歯並びを正す歯科矯正、歯を美しく見せる審美歯科、抜歯やインプラントなどの外科的治療に加えて口腔領域の良性腫瘍・悪性腫瘍も対象となります。

この仕事を知ったきっかけは?

実家が開業医で小さいころから歯科は身近な存在でしたので、現実的に将来の進路を決定するころには自然と歯科医師の道を選択していました。

仕事についての「想い」を教えて

口の中の健康は全身的な病気ととても深く関わりがあり積極的に治療するべきだと考えています。
噛んで食べることは、体力の維持向上、唾液分泌の促進、認知症の予防、口臭の防止のために有効とされていますし、高齢者では飲み込む機能の低下による誤嚥(ごえん)性肺炎を予防するため、口の中や入れ歯を清潔に保つことが重要になります。
歯科治療だけでなく食べること、飲むこと、歯磨きや入れ歯の清掃指導など口に関わること全体を考えた歯科治療を心がけています。

この仕事に興味をもったあなたへ

口腔内を専門的に治療できることは、専門知識や技術、資格を有する歯科医師にしかできません。専門性の高い仕事ができる、これが歯科医師としての一番の魅力だと思います。歯科医師免許取得後も各種専門分野で専門医や認定医制度がありスキルアップにつながります。活躍できる場も一般の歯科医院や総合病院、一般企業、教育・研究機関、行政機関等などさまざまです。ぜひ興味を持っていただけたらと思います。

「歯科医師」になるには

歯科医師になるには、歯科大学や大学の歯学部で6年間の教育を受け、歯科医師国家試験に合格し、歯科医師資格(免許)を取得しなければなりません。また、資格取得後、研修施設の指定を受けた病院・診療所などで1年以上の研修が義務づけられています。

参考サイト

  • 日本歯科医師会ホームページ(https://www.jda.or.jp/)内「歯科医師を目指す方のために」(HOME>歯科医師のみなさま>歯科医師とは>歯科医師を目指す方のために)

職種別インタビューバックナンバー

ページの先頭へ